2015年07月31日

グラスディーテックスのレビュー 卓球ラバーのテンション粒高の感想と対策

グラスディーテックスのレビュー 卓球ラバーの感想TIBHAR

グラスディーテックスはTIBHARの卓球ラバーで、定価5,940円のハイテンション粒高ラバーです。

ミヤさんからの投稿

グラスディーテックスのレビューですが対戦相手が使っていたのでボールを受けた感想と対策について。
卓球ラケットはドクトルノイバウアーのもの(詳細不明)です。
その方はカットマンではなくフォア面のヴェガヨーロッパで攻撃しバック面にグラスディーテックスでレシーブとブロックしてきました。

グラスディーテックスレビュー 卓球ラバーのカールP4と比較した感想

グラスディーテックスの次の対戦相手はカールP4でした。
珍しく粒高ラバーの連続です。
すぐあとだったのでグラスディーテックスとカールP4の卓球ラバーを運良く?比較できました。

まず最初のグラスディーテックスの対戦相手から。

相手はバック側のグラスディーテックスでレシーブとブロックをやってきます。
こっちはなんとなくカットマンとやってるような気分です。

カットマンとの違いはスピードがある粒高ということです。
グラスディーテックスはハイテンション粒高でボールが飛んできます。

こっちがドライブのバックスイングを十分にとる前にボールが飛んでくるのでやりづらいです。
下回転がほんの少しかかっている無回転に近いボールがきます。
初めのうちはこっちの失点が増えました。

段々やっていくと毎回グラスディーテックスのレシーブが浮いてるのがわかりました。
相手の浮いたレシーブを強めに打って攻撃してやるとこちらの得点パターンになりました。

グラスディーテックスの球に最初はとまどいましたが慣れてしまえば強打できるので対策ができました。
浮いてくるレシーブは強打してノータッチで得点したり、ブロックされてもオーバーミスになったりであまりボールが返ってきませんでした。

フォア面のヴェガヨーロッパのドライブ攻撃はそんなに強力なドライブではなかったです。
攻撃がきてもカウンタードライブやブロックで得点できました。

次の対戦相手はカールP4でした。

グラスディーテックスとカールP4のレビューレシーブとまとめ 卓球ラバーの感想

次の対戦相手のカールP4はドライブすると下回転がかかって返ってきました。
回転はかかっていますがグラスディーテックスよりスピードが無いです。

カールP4のほうがレシーブが浮いてこないのでやりにくかったです。
ネットすれすれに返球されてこっちが思うように強打できません。
グラスディーテックス対策に使った必勝パターンが通用しませんでした。

まとめ
グラスディーテックスからはボールが飛んできてスピードがあるボールがくる。
テンション粒高ラバーという特性上レシーブが浮いてくる。

カールP4はグラスDテックスより飛んでこない。
スピンはグラスよりかかっている。
レシーブが浮いてこない。
 
posted by 卓球用具レビューブログ at 11:24 | Comment(0) | グラスディーテックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年04月11日

ラクザXソフトのレビュー 卓球ラバーの重さとラクザ7ソフトとラクザ9と比較した感想

ラクザXソフトのレビュー 卓球ラバーの重さの感想ヤサカ

ラクザXソフトはヤサカの卓球ラバーで、定価5,616円のハイテンションラバーです。

ケンチーさんからの投稿

ラクザXソフトのレビューです。
使用ラケットは和の極−蒼−です。
ラクザXソフトの重さはとても軽いです。
フォアに重いものを貼ってもしっかり振れます。

ラクザXソフトレビュー 卓球ラバーのラクザ7ソフトと比較した感想

ラクザXソフトを卓球ラバーのラクザ7ソフトと比較したレビューです。
今までラクザ7ソフトを使用してましたがもうすこし硬くしようとラクザXソフトにしてみました。

ラクザXソフトは思っていたより柔らかく打球感も柔らかいです。
ラクザ7ソフトと比べても7ソフトを少し硬くした感じです。

ラクザXソフトのフォア面でラクザ9と比較したレビュー

ラクザXソフトをフォア面でも使ってみました。

フォアはいつもはラクザ9を使っています。
ラクザXソフトをラクザ9と比べるとよく食い込みます。
ドライブを打った時ラクザXソフトは回転もものすごくかかります。
ですがフォアに使用するには柔らかすぎます。

ラクザXソフトのサーブとレビューのまとめ 卓球ラバーの感想

ラクザXソフトのレビュー、最後にサーブです。
弾みすぎず弾まなすぎずでとてもサーブがやりやすいです。
しかもよくかかります。

まとめ
ラクザXソフトはとてもバランスのとれたラバーだと思います。
ですがフォアに使用すると打ち負けたりするのでバックに使用した方がいいと思いました。
始めたばかりの方はラクザXソフトをフォアに貼ってもやりやすいと思います。
 
posted by 卓球用具レビューブログ at 18:52 | Comment(0) | ラクザXソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月10日

ヴェガエリートのレビュー 卓球ラバーのヴェガヨーロッパと比較した感想XIOM TSP

ヴェガエリートのレビュー 卓球ラバーの感想XIOM TSP

ヴェガエリートはXIOM TSPの卓球ラバーで、定価4,320円のハイテンションラバーです。

もりさんからの投稿

ヴェガエリートのレビュー

ヴェガエリートは重量が思ってた以上に軽いです。
打球感がソフトめです。
ボールを突くといい感じに跳ねます!

プラスチックボール使用のレビューです。
卓球ラケットは馬林エキストラオフェンシブです。
ヴェガエリートは音がよく鳴ります!

ヴェガエリートレビュー 卓球ラバーのヴェガヨーロッパと比較した感想

ヴェガエリートとヴェガヨーロッパを比較です。

卓球ラバーのスポンジが黒いのはベガヨーロッパ。
白いのはベガエリート。
どっちも柔らかい。

でも打ってみたら随分と違いがありますね!
ヴェガエリートはトランポリンみたい。
ヴェガヨーロッパは低反発枕みたいでなんだか跳ねません!

ヨーロッパよりヴェガエリートは飛びが強いです。

ヨーロッパの回転よりもヴェガエリートの回転が強いです。
てっきりヴェガプロ以外は同じかと思ってました!
ヴェガアジアとヨーロッパだけ同じっぽいです。

サーブとドライブについてはヴェガエリートが強いです。
エリートの感想はベガプロっぽいボールの引っかかり感があった!
テナジーのぞいたドイツラバーの中で最高レベル。
ヨーロッパはかかり感と滑ってる感です。
このスリップ感ってゆうのはヴェガジャパンとアグリットとエボリューションMXPとラザントパワースポンジとアルヘルグとファスタークG1の表面みたいな滑り感のことです。

ツッツキとストップについてはヴェガエリートが跳ねやすいです。
レシーブが安定するのは飛ばないヨーロッパのほうです。

初心者のバックにはヨーロッパ。
初心者以上のバックにはエリートがおすすめです!
どっちも重さはたいしてないです。
あとどっちもテナジーに似てるとこはないと思いました。
 
posted by 卓球用具レビューブログ at 14:26 | Comment(0) | ヴェガエリート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月24日

テナジー80FXの卓球ラバーのレビュー

テナジー80FXの感想とレビューです。
バタフライの卓球ラバーで、定価6,000円+税のハイテンションラバーです。

マツさんからの投稿

テナジー80FXのレビュー

テナジー80FXをティモボルALCにつけました。
テナジー80のソフトスポンジバージョンです。
テナジー05が硬くおもう人はぜひ試してみてください。
たいして重くはない重量で軽いほうだと思う。
テナジー05は重いほうですが80FXは05よりも軽いです。

テナジー80FXを試打してみて驚いたのは高性能なのに使いやすいこと。
これは初心者でも中級者でもすんなり使えると思う。
誰でも使える卓球ラバーです。
サーブのスピンめっちゃかかる。
テナジー80FXはドライブの曲がりかたがものすごいです。

スマッシュがなんでも入るという感想。
自分が強くなれる卓球ラバーです。
テナジー64はたまに台から飛び過ぎるときがある。
テナジー05とテナジー05FXはクセがあって少し使いにくいときがあります。
けれどテナジー80FXはすんなり使えます!

フォアバックともにすごい良い。
自分の中ではテナジー64FXと同じくらい気に入りました。
今まで勝てなかった相手に勝てるラバーです。
ここがテナジーシリーズの凄いところ。
テナジーが一番人気の卓球ラバーというのはやはり理由があるからだと思う。

テナジー64FXとテナジー80FXがどっちもすごい良いのでフォアとバックどちらにしようか迷います。
試行錯誤しながら楽しんでいます。
他のテンションラバーが重いという人にもおすすめです。
posted by 卓球用具レビューブログ at 15:45 | Comment(0) | テナジー80FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年02月14日

ヴェガヨーロッパ

ヴェガヨーロッパの感想とレビューです。
XIOMの卓球ラバーで、定価3,990円のハイテンションラバーです。

グレープさんからの投稿

ヴェガヨーロッパレビュー

ヴェガヨーロッパを貼っていたのはフォアとバックです。
卓球ラケットの名前はコルベルという五枚合板です。

ヴェガヨーロッパは軽くって学生でも使えるラバーです。
とってもソフトでやわらかくなっている特長を持ちます。
最初は柔らか過ぎてビックリしたけど使ってゆくうちにだんだん慣れてきます。
メリットはスピードもスピンも値段のわりにいいということです。
ただテナジーのように点を取れるような威力あるボールは出ないです。
コントロール系テンションラバーです。

ヴェガプロは硬くて食い込みにくかったけどそれに比べてヴェガヨーロッパはどんなボールでも何でも食い込んでくれます。
あとヴェガプロとヴェガアジアでは重さが結構あったけどベガヨーロッパは重量が軽くなっていて素早く切り替えしを振れるようになってよかった。

気になった点は友達が打つサーブのかかり具合に大きく左右されることです。
回転のあるドライブがきたときにヴェガヨーロッパは引っ張られてしまってミスります。
このあたりはヴェガプロとヴェガアジアの方が返球しやすくてよかったです。
ボレーを何球か打っているとたまに不安定になってスピンがかかって無いボールのときがあります。
使っていて台に擦ってしまったときラバーが欠けてくのでヴェガヨーロッパの寿命はあんまりみたいです。

試しにラクザ7ソフトに変えてみたら台にあてても欠けなかったのでこのまま変えるかもです。
posted by 卓球用具レビューブログ at 01:49 | Comment(0) | ヴェガヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


 新品テナジー05やテナジー64など3割引以下の
 東京の通販専門ショップ。
 卓球ラケット激安中古販売
 http://takra.seesaa.net/
 中古ラケットが定価の4割引や半額以下など激安です。
 レアな廃盤、限定品も多数あります。
 新品テナジー05FX、テナジー64FX、ラウンデルなども
 最安値で販売です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。